学校案内

高校案内

滝川で学び、成長し、日本や世界のリーダーを目指してください

一人ひとりの進路に合わせた、きめの細かい指導体制

社会の多様性に呼応して、大学入試の方法も非常に多岐にわたっています。ところが、逆に難関国公立大学などでは幅広い基礎学力を求められることもしばしばです。毎年入学者のほぼ全員が4年生大学への進学を希望しています。文理の選択を初めとして、個々の進路を見極めたうえでコース設定がなされ、十分な授業時間によるカリキュラムが組まれています。

高校1年 高校2年 高校3年
基礎学力養成期 高学力充填期 蓄積力現出期
高等学校での学習内容は質量とも中学とは比べ物になりません。英単語ひとつとっても中学3年分以上の量が高校1年生の間に新しく出てきます。どの教科も同様でこの一年の間に入試に必要な基礎学力を養成します。2学期の末には文系か理系かを決め、年が明けると受験の方向が定まります。 オープンキャンパスへの参加を初め大学研究をしていく学年です。目指す進路に対して、どれだけの学力を蓄えなければならないかを把握し、知識を一番多く身につける時期になります。受験に必要な科目もほぼ固まり、内容の一つひとつを高いレベルで習得できるように導いていきます。 若い柔軟な頭は砂漠が水を吸い込むように知識を吸収します。それを自由自在に使いこなしさらに応用力を身につけていく学年です。これまでに蓄えられた学力をいかに使いこなしていくか、ひとひねりふたひねりされた問題をいかに解きほぐしていくかを指導していきます。